GitHub for Windows コミット~タグ付け

GitHub for Windows を使い、コミットを行い
タグを付けるまでの手順について
毎回調べているので纏めておきます。

1.コミット

GitHub for Windowsで対象のリポジトリを開くと
コミットしていない場合は「Uncommitted changes」と左上に表示されます。

「Summary」や「Description」を記入し、「Commit to master」を押下すると
コミット完了です。

2.sync

コミットしただけでは、サーバのリポジトリには反映されていません。
サーバのリポジトリに反映させる(pushを行う)には、右上の「sync」を押下します。

3.タグ付け

タグを付けるには、シェルを起動してコマンドを実行します。

リポジトリを右クリック - 「Open a shell here」を押下すると
シェルが起動します。

以下、よく使うコマンドです。

$ git tag
    タグを確認します。

$ git tag -a タグ名 -m "メッセージ"
    タグをローカルリポジトリに作成します。

$ git tag
    タグを確認します。

$ git push --tags
    タグをサーバのリポジトリに反映します。

4.まとめ

以上です。
GitHub for Windowsを使う場合、GUICUIを適時使い分けるのが
初心者には使いやすいのかなと思います。