Django on Google App Engine-サンプルコード django_example(2)MVTフレームワーク

先のブログでも書きましたが、DjangoはMVT(Model View Template)という考え方を導入しています。
これについて、Djangoチュートリアル(前編)を元に纏めてみました。

1.Model層
文字通り、データのModelを定義する層。

2.View層
どのデータを表示するのかを定義する層。

3.Template層
どのように表示するのかを定義する層。

django_exampleでは、Templatesフォルダ内のファイルがTemplate層を担当し
view.pyにModel層、View層が実装されています。

django_exampleのファイル構成は以下のとおりです。
../django_example
    app.yaml・・・GAEの定義ファイル。
    django_bootstrap.py・・・スタートページ。main()を記述。
    index.yaml
    settings.py・・・Djangoの各種定義を記述。
    urls.py・・・DjangoのURL定義ファイル。
    views.py・・・Model層、View層を実装。
    /Template・・・画面のTemplateを格納するフォルダ。
        base.html・・・フォーマットとなるhtml。これを他のhtmlは継承している。
        gift.html
        list.html

各層の詳細については、次回以降に書きます。